月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

3月号をアーカイブしました

雑

月刊☆臥看牽牛織女星にお越しいただきありがとうございます。
こんな辺境のブログをよくぞ見つけてくださいました。


3月に観たLive配信とスカステ鑑賞記録をアーカイブしました。

三度目の緊急事態宣言でついに再び劇場の灯が消えてしまいました。
感染対策のため大変な費用と手間をかけてきたのに、人命を守るため人が移動してはならないと言われればなすすべもありません。
それでもショー・マスト・ゴー・オン!無観客公演の配信をしてくれる宝塚。
経費なんかを考えたら、もしかして完全中止にするほうがまだ赤字額が少ないんじゃないかとも思うけれど、大丈夫なんだろうか。でも本当にありがたいです。
劇場も自前なら演目もオリジナルが多く版権がクリアできること。DVD収録やスカイステージ放送のノウハウに加え近年はオンデマンドにも手を広げた事でこうして即、配信に対応出来るのですね。なんか経営の先を見る目がすごいな。
正直、状況が劇的に改善するとは考え難く、いつエンターテイメントが息を吹き返すのか先は見えないけれど、それでも明けない夜はないと信じて今年のGWもおうちで過ごします。