月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

5月号をアーカイブしました

月刊☆臥看牽牛織女星にお越しいただきありがとうございます。 こんな辺境のブログをよくぞ見つけてくださいました。 5月に書いたスカステ鑑賞記録をアーカイブしました。宝塚大劇場、東京宝塚劇場に引き続き梅田芸術劇場での宝塚歌劇再開のニュースが! あ…

見し人の影澄み果てぬ「龍の宮物語」

せおっち(瀬央ゆりあ)とくらっち(有沙瞳)のポスターが美しくてとっても気になっていた音楽奇譚「龍の宮物語」をCS鑑賞。 あー、これを生で見ることができたならどんなに素晴らしかっただろう。 もちろんテレビ鑑賞でも十分素晴らしい舞台でした。 でも…

おうちでLet's ♪ダンシング「NICE GUY」

おうち時間が増え運動不足が気になるこのごろ。 緊急事態宣言でジムも閉鎖になってしまったし。いえ、ジムといっても週2,3回しか行ってなかったし、せいぜい30分くらいヒョコヒョコ歩くだけで、あれではとても運動とは言えないけれど。 それでも少しは…

郷愁と狂騒のパラレルワールド「出島小宇宙戦争」

デビュー作「アイ・ラブ・アインシュタイン」がとても面白かった若い方の谷先生の3作目。 しかも大好きなちなつさん(鳳月杏)の月組凱旋外箱公演! これはもう、絶対観たい!とチケット参戦したもののあえなく惨敗。 その上、千秋楽を待たずして公演中止に…

儚きは美しく尊し「A Fairy tale -青い薔薇の精-」

はい、当然ながらチケット手に入りませんでしたわよ。 みりおちゃん(明日海りお)サヨナラ公演が早くも放送。ありがとうスカステ! 結末とか知りたくないからネットの感想は見るまでは読まないように気をつけていたんだけれど、それでもなんとなくビミョー…

期待がいっぱい「宝塚音楽学校106期生文化祭」

本当だったら今頃大劇場は初舞台生を迎えて月組公演の幕が開いているはずたった。 ムラにはもう長い間行っていないし、初舞台生の口上を見たのもいつだったかちょっと思い出せないくらいだけれど、毎年この時期、スカステの初舞台生特集が楽しみでした。 初…

りっつりっつりっつ!!「異人たちのルネサンス」新人公演

結構お気に入りだった「異人たちのルネサンス」 新人公演は生観劇出来ないのでCS鑑賞です。 アダルトな芝居でしたので新人公演メンバーだけで演じるのってかなりのハードルの高さだと予想していたのですが、なんのなんの、とても素晴らしかった。 宙組下級…

眠れる森の宝塚

宝塚歌劇団より6月までの上演中止、その後のスケジュールの見直しが発表されました。 まこっちゃん(礼真琴)、かれーちゃん(柚香光)のお披露目公演。 だいもん(望海風斗)、まあやちゃん(真彩希帆)のコンサートやミュージックサロン、それから退団公…

退団後,宝塚の舞台に主演したトップスター

先月に舞台鑑賞記録をアップしたため月初めの更新を怠りましたが、なんとか元気に日々を過ごしております。 3月、4月の観劇予定はもちろんすべて中止となりました。 だいもんコン「NOW ZOOM ME」文京シビックセンター公演中止のニュースを見た時は勤務先の…

アンドレ登場!「アルジェの男」全ツ2

嬉しい! まさに私が望んだアンドレが出てくる「アルジェの男」 星組全ツをCS鑑賞しました。この物語のキーマンであるこの役。 退役軍人アンリではなく屋敷の使用人であるアンドレでなくてはならない理由についてはこちら。 この物語で大好きなのがアナベ…

こんなアルジェを待っていた「アルジェの男」全ツ1

嬉しい! まさに私が望んだ「アルジェの男」。 星組全ツをついにCS鑑賞しました。 ジュリアン♪ことちゃん(礼真琴)。 ジュリアンは野心家でありながら、一方で純粋で不器用なところもある。 熟成された大人の男の余裕があれば、自分の過去をネタに脅迫さ…

この人を選んでいたら…「エストレリータ」

宝塚を見始めた人あるあるネタだとおもうんだけれど、舞台を見て初めて好きになったスターさんのそれが退団公演でした(涙)というパターン。 私もまさにそれでした。 なんとなくぼちぼち見始めていた宝塚の舞台。もちろん観れば楽しかったけれど特定のスタ…

好きがいっぱい「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」

スカステのニュースで公演の映像をチラ見した瞬間からこれ絶対好きなやつや~~~と思っていた「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」が早くも放送されました。 バウホール行けるわけもないので放送を心待ちにしてたのよ。見る前からワクワク。 放送…

いとしき白き薔薇「あの日薔薇一輪」

ペイさん(高汐巴)退団公演「あの日薔薇一輪」をスカステ鑑賞。 もちろん舞台も観ています。大劇場も東京も行ったはず。 「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」では赤い薔薇を一輪手渡すシーンが印象的でしたが、こちらは白い薔薇を一輪プレゼントします。 そし…

「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」感想をアーカイブしました

月刊☆臥看牽牛織女星にお越しいただきありがとうございます。 こんな辺境のブログをよくぞ見つけてくださいました。 普段は2ヶ月遅れで観劇やスカステの鑑賞記録をこそっと公開している当ブログですが、この度の公演中止で貴重な観劇機会を失ってしまった方…

1月号をアーカイブしました

月刊☆臥看牽牛織女星にお越しいただきありがとうございます。 こんな辺境のブログをよくぞ見つけてくださいました。 1月の舞台とスカステ鑑賞記録をアーカイブしました。今はただ どんな時も私たちを楽しませ、励まし、支えてくれるエンターテイメントが 再…

本日「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」観劇3 やっぱり眞ノ宮るい君出演シーンメモ2幕

2幕の幕開けはラテン。 楽しく賑やかに始まります。 ギラギラと明るく華やか。 これもタカラヅカならでは。大好き もちろんるい君(眞ノ宮るい)もノリノリに熱く踊ってます。 好きでしょ~。絶対好きでしょ~。こういうダンス。 ハリウッドでも成功をおさ…

本日「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」観劇2 というかほぼ眞ノ宮るい君出演シーンメモ1幕

幕開きから 幕開きから!!! 心臓飛び出るかと思ったわ~~~! だって知らなかったのよ。 この芝居の幕開きの第一声は眞ノ宮るい君です!!!!これからどんな物語が始まるだろうって客席の誰もが固唾をのんで見つめるその視線の先に!るい君がいるのです…

本日「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」観劇 1

染みました。 心にズンと染みました。 人生も後半だいぶ進んじゃったわが身にとってはとても切なく、とても苦く。 そしてとても美しい話でした。私にだって若い時はあったし、なんの根拠もないのにきっとキラキラした未来が待っていると思ってた。あほやな。…

本日「エル・ハポン-イスパニアのサムライ-」観劇2

その他にも印象的な人が多かったな~。本当に盛りだくさんなお芝居でしたね。 気になった人のメモも書かなくっちゃ。 じゅんこさん(英真なおき)さすがですね。もうお手の物。 が、それよりも何よりも、彼のまわりの用心棒?たちが気になりました。 さなど…

本日「エル・ハポン-イスパニアのサムライ-」観劇1

やっぱいいわ。オリジナルのアテガキ。 バチッとハマった役を演者がさらに膨らましていくワクワク感。 今年初観劇としても本当に楽しい時間が過ごせました。 たくさんの人物が出てきて、それぞれに見せ場があり、なおかつそれぞれに存在意義もある。 人の心…

千代に八千代に「宝塚舞踊会-祝舞御代煌-」

仕事が始まってだいぶたってるけど気分は未だお正月ということで「宝塚舞踊会」をざっくりスカステ鑑賞。 なぜ、ざっくり…かと言うと邦楽の響きが少しばかり苦手なのです。 津軽三味線は平気なのになぁ。なんでだろう。三味線と長唄の音の重なり具合なのかな…

色とりどりに「春の踊り-南蛮花更紗-」

お正月ということでスカステでは日本物のショーを放送してくれてます。 歌舞伎でも舞踊を見ることは出来るけれど、オーケストラで日本舞踊を踊る華やかさは宝塚ならではのもの。チョンパで始まる豪華な舞踊絵巻はやっぱり気持ちが高まります。 でも最近はあ…

本日「ロック・オペラ モーツアルト」ライブ・ビューイング

初めてライブ・ビューイングなるものに行きました。 車で行ける一番近いとこでは上映してくれないし、初めて行く映画館まで遠征。降りたことない駅なもんで出る改札口間違えて映画館探してぐるぐるしちゃったよ。上映前には日本語と広東話と普通話(中国語)で…

本日「I AM FROM AUSTRIA -故郷は甘き調べ-」観劇

年齢不詳の元気なオバちゃんになろう! 好奇心旺盛に何事も愉しめばこの先ますます年齢をかさねても明るく卑屈ならず生きていけそうな気がする。 るう組長(光月るう)のエルフィが魅力的だった! あと何年かしたらグレイヘアにしてビビットな色の服を着よう…

11月スカステ鑑賞

色々あって1ヶ月以上鑑賞記録をほったらかしました。 11月は観劇もなかったし。ぐすん。 だって花組のチケット、手に入るわけないじゃん。 みりおちゃん(明日海りお)はもちろんですが、大好きな大好きな娘役さん達が軒並み退団。なのに宝塚最後の舞台姿…

本日「ハリウッド・ゴシップ」観劇2

るいくん(眞ノ宮るい)の出演シーンメモを記録しよ~と思ってたけれど、そんなもの必要ないくらいずっと出ていました。 キャスト一覧で咲ちゃん(彩風咲奈)の友人ということだけ知っていたのですが、それ以外にゴシップ記者も演じているのにびっくり。 記…

本日「ハリウッド・ゴシップ」観劇1

諦めていたところ、心優しいヅカ友さまにお譲りいただきました。 そう。本当は12日の観劇予定だったんです。 被災地近くに知り合いもいて、しかも全然別々の離れた地域に住んでいるのにそれぞれに被害の報道がありとても心配しました。あの日、避難所で一…

ペキエノランド「PR×PRince」

ひとこ(永久輝せあ)単独初主演バウホール公演「PR×PRince」をCS鑑賞。 つい最近の作品よね。早くも放送。 作演出は町田菜花先生。“なのか”と読むそうです。いかにも最近はやりの凝ったお名前なので、おそらく若い演出家さん。 これがデビュー作品とのこ…

煌めいて、やがて切ない「Eclair Brillant」

さゆみさん(紅ゆずる)と酒井先生のショーの相性の良さよ。 オーソドックスだけれどキラキラとしてて夢のようでした。 気になる場面。気になった人のメモです。 さゆみさんが銀橋に座って歌うところ、肩の力が抜け、柔らかな歌い方が好き。 シャンソンかな…