月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

宙組

印象的だった人々「FLYING SAPA ーフライング・サパー」LIVE配信4

個性的な登場人物も多く、もうみんなそれぞれにキャスト感想を書きたい気分ではありますが、なにぶん一回きりの鑑賞ゆえにこの古びた脳味噌ではすっかり記憶の彼方になってしまいつつあります。 なので特に気になる人のメモだけでも思いつくまま記録しておき…

アンビバレントな三人「FLYING SAPA ーフライング・サパー」LIVE配信3

キャスト感想がすっかり後回しになっちゃいましたが、もちろん宙組の皆様、素晴らしかったです。 現在のような状況下でなおかつ極限状態を描いた作品ということもあったのでしょう。宙組メンバーの役へのハマり方には鬼気迫るものがありました。 大人度が高…

カードは揃った「FLYING SAPA ーフライング・サパー」LIVE配信2

そういえば以前、この劇的な物語の上にさらに舞台ならではのジャンプが生まれたら上田久美子先生の作品は無敵になる。みたいなことを書いたことがありましたっけ。 なんと!今回の「FLYING SAPA」にはそういうジャンプが生まれていました。そうそう!こうい…

本日「FLYING SAPA ーフライング・サパー」LIVE配信1

色々なことが起こったけれど、これがこれからの世の中なのかもしれない。 だから誰かを責めたり落ち込んだりなんてしている暇はない。 我々は今出来ることを、出来る範囲の中だけだとしても、前を向いてやっていかなければ。 希望の灯を失ってはいけない。た…

おうちでLet's ♪ダンシング「NICE GUY」

おうち時間が増え運動不足が気になるこのごろ。 緊急事態宣言でジムも閉鎖になってしまったし。いえ、ジムといっても週2,3回しか行ってなかったし、せいぜい30分くらいヒョコヒョコ歩くだけで、あれではとても運動とは言えないけれど。 それでも少しは…

りっつりっつりっつ!!「異人たちのルネサンス」新人公演

結構お気に入りだった「異人たちのルネサンス」 新人公演は生観劇出来ないのでCS鑑賞です。 アダルトな芝居でしたので新人公演メンバーだけで演じるのってかなりのハードルの高さだと予想していたのですが、なんのなんの、とても素晴らしかった。 宙組下級…

好きがいっぱい「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」

スカステのニュースで公演の映像をチラ見した瞬間からこれ絶対好きなやつや~~~と思っていた「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」が早くも放送されました。 バウホール行けるわけもないので放送を心待ちにしてたのよ。見る前からワクワク。 放送…

本日「エル・ハポン-イスパニアのサムライ-」観劇2

その他にも印象的な人が多かったな~。本当に盛りだくさんなお芝居でしたね。 気になった人のメモも書かなくっちゃ。 じゅんこさん(英真なおき)さすがですね。もうお手の物。 が、それよりも何よりも、彼のまわりの用心棒?たちが気になりました。 さなど…

本日「エル・ハポン-イスパニアのサムライ-」観劇1

やっぱいいわ。オリジナルのアテガキ。 バチッとハマった役を演者がさらに膨らましていくワクワク感。 今年初観劇としても本当に楽しい時間が過ごせました。 たくさんの人物が出てきて、それぞれに見せ場があり、なおかつそれぞれに存在意義もある。 人の心…

千代に八千代に「宝塚舞踊会-祝舞御代煌-」

仕事が始まってだいぶたってるけど気分は未だお正月ということで「宝塚舞踊会」をざっくりスカステ鑑賞。 なぜ、ざっくり…かと言うと邦楽の響きが少しばかり苦手なのです。 津軽三味線は平気なのになぁ。なんでだろう。三味線と長唄の音の重なり具合なのかな…

11月スカステ鑑賞

色々あって1ヶ月以上鑑賞記録をほったらかしました。 11月は観劇もなかったし。ぐすん。 だって花組のチケット、手に入るわけないじゃん。 みりおちゃん(明日海りお)はもちろんですが、大好きな大好きな娘役さん達が軒並み退団。なのに宝塚最後の舞台姿…

目が足りない!「オーシャンズ11」2

取り急ぎこれだけは叫びたい。 オーシャンズ11!楽しい~~~~!!!!! スタイリッシュな男役がずらりの宙組にピッタリ。 とはいえ、たった1度の観劇なので。 観たい人がいっぱいなのに目が追いつきません。あの人もこの人も!って大忙し!まかキキは…

本日「オーシャンズ11」観劇1

取り急ぎこれだけは叫びたい。 まかキキ最強~~~~~!!!!! 星花宙と観てきて、どのコンビももちろん素敵だったけれど、今回が一番バディ押しの演出でした。 星はダニーとテスの恋愛が中心だったかな。それとひたすらまこっちゃん(礼真琴)が歌いまく…

若き演者たち「群盗-Die Räuber-」観劇2

さて、宝塚ファンは上演作品が決まると原作を読んだり時代背景を調べたりする方が結構多いかと思いますが、私の場合はせいぜいが宝塚のホームページで概要を1回読んだか読まないかくらいなもんで。今回も、キキちゃん(芹香斗亜)の恋人がじゅりちゃん(天…

本日「群盗-Die Räuber-」観劇1

黒地に影のような赤いバラのイラスト。 ナチュラルなメイクが美しいキキちゃん(芹香斗亜)がちょっと気だるい感じでじっと見つめるポスターがとても気になっていた「群盗-Die Räuber-」を観劇することができました。冒頭、若者たちによる革命についてのモノ…

コラージュ作品「アルバトロス、南へ」と「ハッスルメイツ」2

しかしさ ハッスル。 この言葉の意味が分かる人、今いるのかなぁ。若い人は初耳だろうに。メイツ。 スクールメイツとかヤングメイツとか? 3,40年以上は昔だと思うのだけど、テニスのスコートをはいた女の子たちが若手歌手のバックで踊っていましたっけ。…

そらくん絶賛応援中「ハッスルメイツ」1

そらくん(和希そら)初主演バウのソング・アンド・ダンスショー「ハッスルメイツ」をCS鑑賞。 テレビ鑑賞でもとっても楽しかった~~~! でもバウホールでいっしょにハッスルしたかった~~~!もうね~。 ほんとに出来る子よね~。そらくん! 歌だろう…

宙組「オーシャンズ11」妄想劇場

宙組公演終わっちゃいましたね。って言っても1回しか観られなかったけど。 かなり好きな作品だったので、もう1回くらいみたかったなぁ。さて今年はヅカ友さんのご好意で宙組観劇が充実。メンバーもだいぶ覚えてきたので次の大劇場公演「オーシャンズ11」…

西洋美術覚書「異人たちのルネサンス」2

ルネサンス前夜あたりの美術が大好きな私にとって期待大の大満足な作品でした。 工房の仲間にいろいろな芸術家たちがいて楽しかった。なんと言っても小悪魔サライがいたのにびっくり。 じゅりちゃん(天彩峰里)の男の子役は上手いね~。 この子をモデルにレ…

中世は淫靡で陰惨「異人たちのルネサンス」1

万能の人レオナルド・ダ・ヴィンチが主役で話が成り立つのだろうか?って心配だったんだよね。 いやぁ~~。面白かったわ! そして、この作品。 エ、エロい。 舞台だし、宝塚だし、ずいぶんぼかしてありますが、めっちゃ淫靡な話でした。 エロの元凶グイド司…

本日「白鷺の城」観劇

宙組はじめての和物ショーだそうです。 スタイリッシュで長身な人たちが多い宙組。背が高いと着物の着こなしとか難しいだろうなぁと予想していましたが、ダイナミックなシーンが多く宙組ならではの日本物でした。ゆりか氏(真風涼帆)の狩衣に烏帽子。 似合…

夢みたい「宝塚巴里祭2018」

巴里祭っぽくない黒と白の意味深なポスターが発表されてからずっと気になっていたキキちゃん(芹香斗亜)のディナーショーCS鑑賞。ディナーショーってこんなにゴージャスなのね~。 それにしてもこの装置一体どうやってホテルに搬入したんだろう。 もちろ…

本日「天は赤い河のほとり」観劇

「天は赤い河のほとり」の天って「そら」って読むのね。まるで宙組新トップスターのお披露目のために用意されたような題名だわ!芝居のラストはきらびやかな戴冠式。 お披露目おめでとう!トップスターバンザイ!というお祭りムードが華々しく繰り広げられま…

本日「不滅の棘」観劇

再びヅカ友さんにお誘いいただき本日は日本青年館です!! まさかこちらも観ることが出来るとはっ!感謝感激でございます。 これ大好き!! ストーリーももちろん好きですが白で統一されたセットが!もう!もう!すごい好き!! 幕間にプログラムを買って真…

本日「WEST SIDE STORY」観劇

ヅカ友さんにお誘いいただき東京国際フォーラムまでやってきました。まさか観ることが出来るとはっ!感謝感激でございます。映画はテレビ鑑賞だけれど何度か観てます。 それから劇団四季版も。 なにぶんもう30~40年くらい前のこと。その頃は私もそれな…

宙に吸い込まれる声 実咲凜音ミュージック・サロン「Million Callat!!」

みりおん(実咲凜音)のさよならディナーショーをCS鑑賞。 みりおんの真骨頂とも言えるクラシカルなソプラノ歌唱の オペラ「ジャンニ・スキッキ」の「私のお父さま」や アンコールの「清く正しく美しく」はもちろん、 「オン・マイ・オウン」や「ドリーム…

楽しくなんでも食べてみよう「Le Petit Jardin -幸せの庭-」

何かとバタついた日々でなかなかスカイステージを見るのもままなりません。見てもパソコンを開いて記録する時間もないので、このままでは何を見たのかを忘れてしまうかも。そんなわけで取り急ぎ、何を見たのか記録だけでも。あひちゃん(遼河はるひ)主演「L…

本日「神々の土地-ロマノフたちの黄昏-」観劇1

宝塚ファンあるあるでヨーロッパの王家を描いた小説や歴史本、特にフランス王家やハプスブルグ家に関するものはずいぶん読んだものの、そういえばロマノフ朝についてはロシア革命で滅びたというくらいしか知りません。確か今年は革命100周年なんだよね。…

本日「神々の土地-ロマノフたちの黄昏-」観劇2

気になった人達をメモしておかなければ。 芝居においては、なんか毎回言っているような気がするけど、ゆりか(真風涼帆)、せーこ(純矢ちとせ)が素晴らしかった。 ゆりかには大人の色気と洒脱が感じられました。 プレお披露目は「ウエストサイド」のトニー…

あぁ~アムネリスさま~「王家に捧ぐ歌」

まあくん(朝夏まなと)お披露目の東宝公演は観ているけれどさすがに博多座までは行けません。役替りがどんな感じだったのかを知りたくて博多座公演「王家に捧ぐ歌」をCS鑑賞しました。初演でアムネリスを演じたのが絶世の美女だんちゃん(檀れい)。 その…