月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

本日「エル・ハポン-イスパニアのサムライ-」観劇2

宙

その他にも印象的な人が多かったな~。本当に盛りだくさんなお芝居でしたね。
気になった人のメモも書かなくっちゃ。

じゅんこさん(英真なおき)さすがですね。もうお手の物。
が、それよりも何よりも、彼のまわりの用心棒?たちが気になりました。
さなどん(穂稀せり)、りっつ(若翔りつ)、わんた(希峰かなた)ですね。
別にご主人さまに盲目的に従っているわけではない、一癖も二癖もある男たち。
芝居心がある人たちだから決して一枚岩ではない、事と次第によったら裏切る事だって何ともおもっちゃないこの農場の胡散臭さを上手く表現していて面白かった。


スペイン宮廷の道化師あーちゃん(留依蒔世)と女官のせとぅー(瀬戸花まり)の歌が素晴らしかった。明るさの中にもどことなく哀愁が漂う。


日本人チームではもえこ(瑠風輝)がなかなかの好演で驚かされました。
今回は使節団の中でも幹部の役らしく、落ち着いた物言いと佇まいがとても似合っていました。
4回新人公演主演の御曹司の割にはどことなく自信なさげで弾けきれないもどかしさを感じていましたが若僧役よりもこういう落ち着いた先輩役がしっくりきてしまうのね。
年長といってもシュッとスリムで清潔感があって素敵でした。


それからそれぞれのお国言葉で堰を切ったように話し始める奴隷の女の子たちがとっても良かったです。
宝塚の事情というか特徴として、本来の役として必要な人数以上にぞろぞろ出てきちゃうんだけれど、その大人数が無駄にならず面白さとして生きていました。
セリフの畳み掛けがポンポンとテンポが良くっておもわず笑っちゃった。


そういえばラストのキキちゃん(芹香斗亜)がらみの超展開!もセリフを受けて返すゆりか氏(真風涼帆)の間が絶妙で面白かったな~。
あんなに苦悩する姿が美しいのに、コメディの間も上手いゆりか氏。

かなり詰め込みすぎの脚本を軽やかなテンポで娯楽作品に仕上げた宙組メンバー。充実してます。素晴らしいわ。
楽しい観劇はじめでした!


とはいえ、不満がまったくなかったわけではございません。

オープニングの鬼剣舞
日本物ならではのダンスと殺陣の融合で迫力たっぷり!
その中でもお一人、動きがすっごい好みの方がいました。
かっこいい!一体誰なんだろうって目で追いつづけ、ぐるぐる回ってもがんばってしっかり目を離さずにお面を取ってくれる瞬間をずっと待っておりました。
が!!
ついに取ることなく一旦舞台袖に引っ込んじゃったよぉ~~~~。
ゔぞ〜〜〜〜!
なぜ顔を隠したまま引っ込める!
ここはさ~。
踊りから伊達政宗を囲む体制になった時に一斉に投げ捨てるくらいの演出をしてほしかったよ。片付け大変で無理だとは思うけど。

最初に上手側グループの一番前の内側で踊っているお方!
誰だったのぉぉぉ〜〜?


ショー「アクアヴィーテ」はひたすら楽しかったです。

そらくん(和希そら)大活躍!
うれしーーー!
ウィスキーボンボンで弾けるように踊るそらくんを見て、鬼剣舞の時にひたすら目で追ったあの人はもしかしてそらくんだったのかも!と思えてきました。

うーむ。今となっては謎。
もう一度見たかったわ。