月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

いとしき白き薔薇「あの日薔薇一輪」

花

ペイさん(高汐巴)退団公演「あの日薔薇一輪」をスカステ鑑賞。
もちろん舞台も観ています。大劇場も東京も行ったはず。


「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」では赤い薔薇を一輪手渡すシーンが印象的でしたが、こちらは白い薔薇を一輪プレゼントします。
そして別れません!
二人ともに旅立つハッピーエンド!


久しぶりに見たらホロリと泣けてしまったのは、ペイさんだけでなく、相手役のまさえちゃん(秋篠美帆)、この芝居で2番手娘役格のたらちゃん(水原環)の退団公演でもあるから。
さりげなく退団を思わせるセリフが散りばめられていてね。色々思い出してうるうるしちゃった。


たらちゃんは何度も新公ヒロインをしていたし、バウヒロインだって何作もあった。
私は下級生のやっちゃん(神奈美帆)をいずれ花組娘役トップに育てるかもと密かに思っていたのですが組替えで新公ヒロイン経験なしのままいきなり雪組トップ娘役に。
だから、たらちゃんはその頃花組でただひとりの有力若手娘役でした。
ところが時期娘役トップには選ばれずペイさんとともに退団。

美しい声の持ち主でスタイルも良くって歌も芝居もうまい。でも何一つ欠点のない優等生であるがゆえに今ひとつ突き抜けられなかったのかもしれない。
雪組に組替えしてカリンチョ(杜けあき)と共に次のトップになってくれたらって願ってた。超実力コンビになっただろうに。
でも娘役さんの時期は短い。
たらちゃんは退団を選び、カリンチョはド派手に美しいみきこちゃん(鮎ゆうき)と組むことに。


この「あの日薔薇一輪」のたらちゃんはペイさんのことを好きだけれど彼の恋を応援するために力を尽くし、そして身を引く。

「短かったけれど色んな思いが私の中を駆け抜けて…スリルもあったし恋の真似事もしたし、最高の時だったわ」

たらちゃんの宝塚人生は傍目にはそれまでずっと順調だったように見えたけれど、けっして見た目ほど楽しいものではなかったのかもしれない。だから退団公演で失恋の胸の痛みを必死にこらえながら明るくふるまうたらちゃんの健気な笑顔にぐっと来てしまった。


まさえちゃんは歴代娘役の中でもトップクラスの美人さんだと今でも思っている。
大人っぽく完璧な美人なのに冷たさがまったくなくて、柔らかくどこまでも温かい。
その芸名を秋篠寺から付けたというのもうなずける伎芸天のように馥郁とした娘役さん。
大好きでした。

琥珀色の雨にぬれて」のクロードの婚約者フランソワーズが素晴らしかった。
まさえちゃんが演じると婚約者を追いかけても嫌味な女にならない。
健気で、でも子供っぽくなくちゃんと大人の情感が伝わる芝居。
けっしてだれも悪くない、だけど人の心はどうにもならない。そんなあの物語の核をしっかり表現できていた。

ところがまぁ~~~不器用でね~~~~。
歌はひっくり返るし踊りもドスコイ。性格もあのたおやかな外見と全然違ってバサバサっとしててととっぴょうしもない。
この「あの日薔薇一輪」はそんなまさえちゃんの実にまさえちゃんらしいアテガキ。
愛するペイさんから渡された白いバラを一輪握りしめて不器用にその胸に飛び込むまさえちゃん。
ともに旅立つラストが本当に愛おしかった。


そしてペイさん。
あんなにコメディの才能がある面白い人なのに、実は結構シャイ。
さりげなくさらりと宝塚にお別れしたいというペイさんらしく洒脱で肩の力の抜けた物語。たゆたうようなタンゴ調の主題歌もストーリーも大好きでした。


今回の関西放送版ではなつめさん(大浦みずき)が出演してますが、この後東京公演まで全面休演。
放送では足の怪我など微塵も感じさせずに踊っていはいます。でも、膝を深く曲げる振付けを回避してるのがわかります。
NHKの収録のときは休演のためピノさん(瀬川佳英)がなつめさんの役を演じています。
久しぶりに見たら色々思い出しちゃって、まだまだいっぱい書きたいことはあるけれどそれはまたの機会に。