月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

この人を選んでいたら…「エストレリータ」

花

宝塚を見始めた人あるあるネタだとおもうんだけれど、舞台を見て初めて好きになったスターさんのそれが退団公演でした(涙)というパターン。

私もまさにそれでした。
なんとなくぼちぼち見始めていた宝塚の舞台。もちろん観れば楽しかったけれど特定のスターさんが好き!ということはなかった。そもそもちゃんと見分けがついていなかったということもありますが。
時々観劇するようになって1年が過ぎた頃「霧深きエルベのほとり」「オペラ・トロピカル」のミッキー(順みつき)に衝撃を受ける。
この人すごい!次の公演も絶対観たい!!
しかしそれがミッキーさんの退団公演でした。うぅぅ。

ミッキーの代表作はいっぱいあったでしょうが、歌劇やグラフの退団特集をみて特に「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ、「バレンシアの熱い花」のラモン、そしてこの「エストレリータ」のジュリアーノを見たかったぁ~~~。と地団駄を踏みましたよ。


この当時ダブルトップって言われていたのかな?
なんでそんな人事体制だったのか、私にはよくわかりませんが。

確かに2番手にしては比重が高いけれど、トップと言われればちょっと違うかも。
やっぱりまっちゃん(松あきら)の役のほうがトップだよね。相手役のひとみちゃん(若葉ひろみ)と恋仲なのはまっちゃんの方だし。

でも役的にはミッキーのジュリアーノのほうがずっと魅力的。

クラブのスターとしてラテンのリズムでエネルギッシュに歌い踊るミッキーの圧倒的な存在感!

プレイボーイで女はとっかえひっかえ。でも心の奥では親友の婚約者であるひとみちゃんを愛している。だけどそれを一切見せない。
自分の親友とその恋人の幸せを何よりも考えて献身的に奔走する。かっこいい~~~!
そりゃぁ女はみんなこの人に惚れるよ。

というわけで、カミコさん(美野真奈)という大人可愛い美女が当面の恋人だったようだけどパリからブラジルに帰ってきたダンサーのけいこさん(姿晴香)にも惚れられるというモテモテ状態。

けいこさんとのデュエットダンスがまた素晴らしいのだわ。
ルンバね。
つまり濃厚な愛の踊り。
なんか訳ありな感じの美女けいこさんのむき出しの恋心を冷静に諌めるミッキーがまたかっこいい。
プレイボーイなのに本当に愛している女に対してはどこか禁欲的になるタイプ。

プロならばテクニックで本当らしく見せろ。生の感情と情感で真に迫る事は違うって。うん。なかなか真実かもしれない。

それに反論する情熱的なけいこさんも魅力的。
そこからの再び挑みかかるような激しいダンス。
こんなに色っぽい美女に迫られて冷静でいられるわけないです。
高まる情感。
本当に愛してしまったのかそれともそう見せているだけなのか。
そんな大人の恋の心理はさすが柴田侑宏先生。


ダンスシーンもいっぱい!
ノバボサノバを思い起こさせるような激しいラテン。たかちゃん先生(司このみ)の振付かな?
クラブでの華やかなレビューや稽古場でのダンスもさすがの花組群舞!


あー。それにしてもこの頃の花組のゴージャス具合に目がくらむ。

大好きなカメさん(新城まゆみ)が黒幕です。
知的な悪を演じさせれば右に出るものはいない。そしてとても美しい。

スラム街ファベーラのチンピラにはしんちゃん(央いおり)。
到底女性とは信じられない悪役商会系ジェンヌさん。シャープでかっこいい。


雪組から組替えしてきたペイさん(高汐巴)、のちに雪組にいくことになるモサク(平みち)がコンビでちょいちょい出てきては、いちいちちょっかい出すのが面白い。
間が上手くて笑わせるのはもちろんペイさんなのだけれど、どうやらアドリブらしき場面でモサモサしちゃうモサクも可愛くて面白い。


それから、婚約発表パーティーで上手側中央寄りテーブル担当のボーイがヤンさん(安寿ミラ)です。
ふふふ、あの一瞬背後に映ったぼんやりした映像をみて、あれがヤンさんとすぐ判る人は少ないに違いない。まだ頬がコケていないヤンさん。
その左隣で拍手をしている黒タキシードの招待客はラコさん(星邑礼緒)。今でもちょくちょくコマーシャルでお見かけする女優さん。


それにしても「エストレリータ」こんなバッドエンドの話だったのね。
ショーで踊る華やかなひとみちゃんも、お嬢様のひとみちゃんも、身を持ち崩して荒んだ色気を放つひとみちゃんも、全部見られるので大変お得。
あぁ、絶対ミッキーのほうがいい男だし、幸せになれただろうに。なんでそっちを選んだの?