月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

こんなアルジェを待っていた「アルジェの男」全ツ1

星

嬉しい!
まさに私が望んだ「アルジェの男」。
星組全ツをついにCS鑑賞しました。

ジュリアン♪ことちゃん(礼真琴)。

ジュリアンは野心家でありながら、一方で純粋で不器用なところもある。
熟成された大人の男の余裕があれば、自分の過去をネタに脅迫されてもなんてことなかったはずなのに。
だって彼を引き立てている人達はその過去を知ればこそ、いえたとえ知らなくても感じればこそ、彼の野望やがむしゃらな向上心を認め将来を期待しているわけなんだもの。なぜそこに気が付かないのよぉ。
己の進む栄光の道に一点の曇りさえも許せないのは若さと自尊心の強さゆえ。
まさに完璧なジュリアン。
トップにならんとするこの時のことちゃんにぴったりでした。

ことちゃんは男役としては小柄なれど、その身体に沢山のエネルギーがびっしり詰め込まれています。
それを爆発させるか(ロック・オペラ モーツァルト)、それとも内にふつふつと溜め込むか(アルジェの男)。
どちらの作品もことちゃんの凄まじいエネルギーを堪能することが出来ました。

サビーヌ♪はるこさん(音波みのり)。

私、ことちゃんの相手役にははるこさんが絶対似合う!って思ってたの。
だって「ル・ミュゲ(鈴蘭)」での透明感!
そりゃぁだいぶ上級生だけどさっ。
ありえないってわかってるけどさっ。
そこになんと「アルジェの男」のヒロイン決定のニュースが!
この一作限りとはいえ夢が叶った!こんなに嬉しかったことはないわ。

大人可愛いくって芝居の上手い娘役さん。
女役だってもちろんできる。
ひとみちゃん(若葉ひろみ)、まさえちゃん(秋篠美帆)、キャルさん(ひびき美都)で育った私はそんな娘役トップを熱望しております。
それに私の見た「アルジェの男」のサビーヌはあの色っぽいけいこさん(姿晴香)なのだよ。

はるこさんのサビーヌ!さすがの芝居巧者。学年差なんて関係なし。

この役はまず大人の女性であること。
それから、あんまり自立心が強そうにみえるとちょっとイメージが違うな。
気は強いところがあってももどこか脆い。
薄倖の女性役がぴったりでした!
ところがこの後には「モーツァルト」でド迫力のスゴツヨ美人母さんを演じるんだから本当にすごい人だわ。
変幻自在の最高の娘役芸。愛してます!

ジャック♪あいちゃん(愛月ひかる)

サビーヌを手に入れたことになんの違和感もない美しい色悪。
革ジャンもヤクザなスーツの着こなしも完璧でチンピラ小物感はゼロ。
不穏度MAXでジュリアンの進む栄光の道を完全に塞ぐ事ができる圧倒的な存在感!
ジュリアンの背後からフッと現れた時の恐ろしさよ!
この人に睨まれたらもう動けません。
そうなの!こうでなくっちゃこの話は面白くならないのよ!

ボランジュ総督♪カブちゃん(朝水りょう)

素晴らしかった!
ダンディでとっても魅力的。
最上級生が演じるような高い地位の役をちゃんと重々しく、かといって老けすぎず。
若い頃にはなかなか悪さしたでしょう!っていうのが透けて見える艶やかさ。
まさに大人の男の余裕。これでまさかのことちゃんより1学年下。びっくり~~~。
奥様のなっちゃん(白妙なつ)との夫婦のあり方も素敵でした。

エリザベート♪まめちゃん(桜庭舞)

庶民的で親しみやすい可愛らしさのまめちゃんがプライドの高さ故にジュリアンを蔑み、なおかつ愛してもいるという複雑な内面を表現するのはなかなかの難しさだったと思います。
ボランジュ総督のカブちゃんは生まれながらのボンボンではなくどこか成り上がり感をにじませてもいたので、まめちゃんの気の強さは高貴性からというより性格からくるものなのかな?と感じました。ガッツがある感じ。

ラストの影ソロ♪はると(遥斗勇帆)。

さすがの美声。そして力強い。
ただちょっと陽性かな。
表現にもう少し暗い翳りがほしいところだけど、ドラマティックな歌声はさすがです。


そしてね。
アンドレが出てくるのよ!やった~~~~!!
というわけで2に続きます。