月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

りっつりっつりっつ!!「異人たちのルネサンス」新人公演

宙

結構お気に入りだった「異人たちのルネサンス
新人公演は生観劇出来ないのでCS鑑賞です。

アダルトな芝居でしたので新人公演メンバーだけで演じるのってかなりのハードルの高さだと予想していたのですが、なんのなんの、とても素晴らしかった。
宙組下級生すごいな。


この芝居のキモはレオナルドを取り巻く濃ゆ~~い人々だと思うのです。
真ん中はね。シュッと美しくて才能を感じさせるオーラがあればそれでいいの!ってそれこそが1番難しいことなのだけれどね。


さて、周りの濃ゆい人々。
ロレンツォのなつ(なつ颯都)、グイド神父のりっつ(若翔りつ)、ジュリオのきよ(優希しおん)、パッツィのさやどん(穂稀せり)
まぁ~~。みんな上手い!!


なかでもりっつですよ!
なんといってもグイド神父の存在がこの芝居の18禁度を上げているわけでして。
本公演では愛ちゃん(愛月ひかる)がねっとり演じ、あなたカテリーナに何をどんな風に教えたのっ!!!って悲鳴をあげるほどすみれコードぶっちぎりの色っぽさでした。

一方りっつのグイド神父は野心にあふれた知的な策士。
さすがにね~。愛ちゃんの妖気を放つ程の色気って唯一無二だもんねぇ~。と思って見ていたらラストの教会の場面が凄まじかった!

りっつ凄おぉぉ~~~~~~い!!!
圧倒的なオーラ!
頭の切れる男が放つ殺気と色気というのも魅力的だわ。

そして死に様ね。
斬られ突き刺された時の迫力!
その時彼の生きてきた道のりが脳裏に走馬灯のように駆け巡ったのかなぁ。完璧に仕上がるはずの計画が最後の一瞬で覆され、死を目前にした時、その目の前に出現した美しい宗教画のような男女二人。
彼の道のりにはなかったであろう真実の愛の姿を目の当たりにした時の表情が素晴らしかった。ものすごくドラマが感じられましたよ。
後ろに倒れる姿もかっこいい~~~~~!


そこでふと思い出した。
以前「王家に捧ぐ歌」の新人公演をスカステでみた時、戦闘シーンで腕をつかまれて羽交い締めになって殺される兵士の役の人がうまかったことを。
眼力と死に様が真に迫っていてあれ誰なんだろうって見ててすごく気になったんだよね。もちろんセリフもないその他大勢の兵士の役の名前がテロップに出るわけもなく、どなたなのかはわからずじまいだったんだけれど。
あの時目を引いた男役、絶対りっつだわ!

りっつ。
色気とカリスマ性を秘めた大人の男役。
これからどんな舞台を見せてくれるのかしら。
楽しみに待ちましょう。