月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

印象的だった人々「FLYING SAPA ーフライング・サパー」LIVE配信4

宙

個性的な登場人物も多く、もうみんなそれぞれにキャスト感想を書きたい気分ではありますが、なにぶん一回きりの鑑賞ゆえにこの古びた脳味噌ではすっかり記憶の彼方になってしまいつつあります。
なので特に気になる人のメモだけでも思いつくまま記録しておきます。

すっしぃ組長(寿つかさ

年長であるぶん地球の記憶も多く、一番我々に近い人。
くすっと笑わされて最後には泣かされた。かつて見た古い映画「東京物語」をもう一度、愛する人達と共に見ることが出来たなら(涙)。

まっぷー(松風輝)

すごく美人さんで驚いた。しかも慈愛の塊みたいな柔らかさ。
こんな引き出しもあったとは。

あーちゃん(留依蒔世)

2度も記憶を漂白されるのね。
何度漂白されても、大事な神経がブチ切れちゃったみたいな人格は変わらないところが結構なツボ。目が完全にいっちゃってます。
出番はそう多くはないけど要所要所でピリっと効いていて印象は強い。さすがだな。

きよ(優希しおん)

こんなに美味しい役とは!
このところものすごく演技面での成長が感じられる。
いやぁ、まさか裏切るとは思わなかったよ。見ているほうも見事に裏切られたわよ!(勿論良い意味で)

りっつ(若翔りつ)

異ルネ新人公演に引き続き、また殺されました。
そして死に様がまたしても凄い!

かなこ(春瀬央季)

ジゴロだ!ジゴロだ!わーい!
かなこのジゴロをずっと見たいと思ってたの。
テロテロスーツが似合うわ~~~。シニカルな表情がカッコいいんだけれどどこかコミカル。

2幕終盤ではかなりハードな役を演じることとなり大変だったとおもいます。
こういうシーンを見たくないと思う人も多いでしょう。
でも、あったことがなければ、なかったも同じ…。じゃないですか?
それではいけないと思うのです。
ちゃんと酷く描くことが大事。
ほんと残酷だった。人は平然と残虐行為が出来る生き物でもある。
残酷さをしっかり表現したかなこも立派だった。


他にも好きな人がいっぱい。
どってぃ(真名瀬みら)、ここさくちゃん(湖々さくら)音楽家夫婦の心地よい声が素敵。優しいフォークロア調の衣装も好き。
サパの宿屋の女将いっちゃん(京三紗)の華やかさとしたたかさ。
総統01のゆうさん(汝鳥伶)の底知れぬ中に漂う人間味。
そして勿論、若き日の総統01ブコビッチを演じたほま(穂希ゆう)の名演は言うまでもない。

みんなみんな素晴らしかった!