月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

初舞台で探せ「春の踊り」

花

カニュで放送された月組公演映像の初舞台生口上にウルウル。
宝塚観劇を再開してからは大劇場に一度も行っていないんだよね。
昔と違って1公演1回しかできなくなった観劇。どうせならより完成度の高い東京で見るほうがいいだろうと本拠地に行くことはあまり考えなくなっていたのだけれど。
でも今、猛烈にムラに行きたい思いにかられています。とはいえムラ遠征も東京での観劇も夢のまた夢。(涙)


そんなわけで今日もおうちでスカステ鑑賞。
昔の初舞台公演を見ております。
1981年と1982年の花組「春の踊り」。
2年連続花組の日本物レビューだったんだね。どちらの映像も初めて見ました。

ずらりと並んだ初舞台生。口上は組長と副組長が行い初舞台生じゃないんだ~。
一体誰がいるのかなぁ。なんにも調べずに画面だけで確認しようとじっと目を凝らす。
とはいえ昔の映像なので画像は荒いし、まだ慣れていないであろうしゃべ化粧で誰なのかがさっぱりわかりません。

口上が終わるとそのまま銀橋渡り。
その中でなぜか一人カメラ目線の子が。まっつ(未涼亜希)にちょっと似た長めの輪郭。おー!ヨウちゃん(燁明)だ!
ヨウちゃん、星組配属で成績優秀のホープだったけど割と早く辞めてしまった。
いまではSexy Zoneマリウス葉のお母さんといったほうがわかりやすいのかな?
マリウスが踊るのを見るたびお母さんのほうがキレキレやったで~!がんばりや~と思ってしまう。

と、いうことはこの期はスゴイぞ。
しょーこちゃん(黒木瞳)、かなめちゃん(涼風真世)、しぎちゃん(毬藻えり)、みきちゃん(真矢みき)がいるはず!トップになった人はもちろん他にも多士済々な期だ。
でも速足でどんどん渡っちゃうのでぜーんぜんわかりません。

そんななか唯一カメラがズームアップしたキリリとクールな美少女。
あぁぁぁ~。由美子ちゃん(北原遥子)!

そうだよね。由美子ちゃん。本当に美しかった。そりゃぁカメラさんも抜くわよ。
雪組に配属され早くから抜擢されていた。
器械体操が得意だったからショー「サン・オリエント・サン」ではもっく(遥くらら)の周りでたった一人でアクロバティックな動きをする役でとても目立っていた。あの時研2くらい?
もちろん新公ヒロイン、バウヒロインもあった。
本公演でも「うたかたの恋」で二番手のもさく(平みち)の恋人役を演じ、着々とステップアップ。
もっくの退団公演&70期生の初舞台「風と共に去りぬ」ではカリンチョ(杜けあき)の恋人役という配役も発表され、まさにニュージェネレーション、前途洋洋だった。
それなのにその公演に出演しないまま突如退団。

その時の大劇場のプログラムが衝撃的だった。
主な役の紹介ページの扮装写真でカリンチョと腕を組んで写っていたであろう由美子ちゃんの写真がページの綴じ部分に隠れてる形で切れていたのよ。組んだ腕とドレスの裾だけが見えてる。
そりゃぁ退団した人の写真をプログラムに載せるわけにはいかないけれど。カリンチョの写真を撮り直したり原稿を組み直すのがもう工程的に無理だったのかもしれないけど。それにしたって…と思ったもんです。
とにかくそれだけ突然でおそらく予定外の退団だった。

当時、噂は色々聞いたけど何があったか本当のところは知りません。
ただ、ふと思ったんだけど、今突然に映像専科なんてものが出来たのにはこの時のゴタゴタへの後悔があったんじゃないかなと。
だってあんな美人がテレビ局で仕事をしてれば突然のオファーだってないとは限らないもん。舞台との調整をせずともそういうチャンスに臨機応変に対応出来るよう予め専科という道筋を整えておいたんじゃないかってなんとなく思える。
まぁ全然見当違いかもしれないですけど。


退団後初めて由美子ちゃんの姿を見たのは日本アカデミー賞の授賞式のテレビ放送でした。ノミネートされた夏目雅子さんの代理でパーティーに出席した由美子ちゃん。
ドレスの着こなしはもちろん素晴らしいし、こんなに綺麗な人は見た事ないっていうくらい美しかった。
当時闘病中だった夏目雅子さんと同じ事務所に所属していたのね。
きっとこれからテレビや映画で大活躍するだろうって思った。

しかし1985年8月。羽田から伊丹に向かった日航機の中に由美子ちゃんはいた。
発表された犠牲者の中に本名の由美子ちゃんの名前があった。新聞でその名前を見た途端なぜだかこれは由美子ちゃんなのかも知れないと気がついた記憶があります。
ショックでした。ほんの1、2年前まですぐ目の前で生き生きと輝いていた舞台姿を観ていたのに…。
由美子ちゃんだけではなく、あったはずのたくさんの未来が奪われたあの夏。
あれからもう35年経つのか。


しんみりしながらもう一度巻き戻して初舞台生のお顔を再度チェック。
下手花道左から3番目がみきちゃんってことだけはわかったわ。日本物だとなかなか個性的なお顔立ち。目力あります。


翌年1982年の初舞台生はイチロ(一路万輝)がいるはずですが、さっぱりわかりませんでした。
他の人も全然わかんない。
ただ、組長さんの左側にじゅんこさん(英真なおき)によく似た人がいるんだけど~違うよね。学年もっと上だよね~。と思って調べてみたら、この期でした。おやまぁ。
今や理事のじゅんこさんの初舞台姿。感慨深い。
ロミオとジュリエット」では再びロレンス神父ですね。
そのころには劇場で観ることができるかしら。いやチケット取れる気は全然しないのだけど。