月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

本日 彩凪翔 1Day Special LIVE「Sho-W!」Live 配信

雪

やばいやばいやばいやばい!
凪さま(彩凪翔)に見つめられ続けると胸がっ!胸が苦しいぃぃ。

いつもだったら、劇場の隅々まで振りまかれる凪さまの視線。2階の後方席でちらりともらってもドキドキなのに今宵は独り占め状態じゃないですか!

なんか自分でも血圧上がった感覚があって、ヒエェ〜もうこれ以上無理かも〜って思うんだけれど凪さまの瞳に吸い寄せられて目が離せなくなるという恐ろしくも幸せな時間を過ごしました。

夜の部1回でこのドキドキ。昼夜視聴された皆様、ご無事ですか?


幕開きはジャズ。「Take Five 」はミステリアスな雰囲気。紫が差し色の衣装も照明もセットも美しくてお洒落。
「It don't mean a thing 」は好きな曲だから嬉しかった。思わず「ドゥワドゥワ」って一緒にコーラスしちゃった。
こんなことが出来るのも配信ならではですね。共演している気分をちょっぴり味わいました。
「Billie Jean 」もカッコ良かったわー。


トークになるとメンバーのムードも和やかでほっこりしちゃう。
そして凪さまの柔らかな関西弁が心地よい。
「ふーこ見てるねん。お昼も見てはんねん。ふーこお誕生日おめでとう!愛してんで!」
もー!なんて素敵なの!望海ふーこ嬢の喜ぶ顔が目に浮かぶわ。


選曲は過去に歌ったものは勿論、ファン時代に好きだった歌なのかしら?宝塚の曲が割と多くて色んな役を演じている凪さまを想像しながら聞いていました。

特に「長い春の果てに」の「言いたくて言えなくて」がとても似合っていました。歌い方も真摯で説得力があり心揺さぶられる。大人の男性がちょっと照れたような甘い感じの声がすごく好き。

「BLUE・MOON・BLUE」の「Endless Dream」はショーの一場面のような演出。
はばまいちゃん(音彩唯)はまるでお人形さんのよう。あやなちゃん(綾凰華)は本当に王子様。繊細で美しいカップルです。
そこに現れた黒い衣装の凪さま。そのシモベはケンジくん(ゆめ真音)、おりりちゃん(琴羽りり)。ヴァンパイアかな?
あやなちゃんったら色男ゆえに腕っぷしは強くないのね。
少し青みがかった月の背景が浮かび上がる中、凪さまが恋する二人を引き裂きます。
冷たい美貌の凪さま!
耽美で素敵。


割と月組の曲が多いように思えたけれど、「One Heart 」は宙組だし「花吹雪恋吹雪」は星組。「王家に捧ぐ歌」もあったな。本当にバラエティに富んでいて楽しかった。
歌は凪さまだけでなくメンバー全員でたくさん歌ってましたね。特に「Seasons of Love 」はこのメンバーにぴったりで感動しました。
凪さまの魅力もいっぱいだけど、みんなで作り上げている感じが温かい。


そちらからは見ている私たちは見えないはずなのに、不思議とそれを感じずに客席で観劇している気分を味わえたのは、やっぱりこれまでの舞台でつちかった観客を惹きつける力なのでしょう。本当に素敵な時を過ごせました。