月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

身も心も踊る「パッション・ダムール‐愛の夢‐」LIVE配信2

雪

スカステのSKY REPORTで喜多先生と羽山先生のあの振付けがあるって聞いた時から、もう楽しみで楽しみで。
それはつまり、あれ!と、あれ!があるってことですよね。

わーい!やったーーーー!
予想どうり!
ありましたよ!あれ!と、あれ!

1幕で「ル・ポアゾン」の「BAD POWER」から「GIGOLO」の流れ!
子供の頃のまゆさん(蘭寿とむ)も踊ってたという喜多弘先生のくっさ~い振付け。
私ももちろん当時、真似しましたよ。全然できなかったけれど。
これ、スカステ新番組の「すみれDANCEアカデミー」で教えてくれないかしら。
出だしと最後のどんどん転調して4回繰り返すところを踊りた~い!
先生はぜひとも、るいくん(眞ノ宮るい)でお願いします。


そして2幕冒頭は「ダンディズム」の「Paradiso」!
後のチャイナドラゴン衣装の銀橋Paradisoもかっこいいけれど、やっぱり極太ストライプスーツのみきちゃん(真矢みき)のショーの1場面が忘れられない。
男同士のタンゴはリカちゃん(紫吹淳)とチャーリー(匠ひびき)だったかな。
群舞での羽山紀代美先生おなじみの腰を落として左右にスナップをきかす振付け。これもどれだけ真似したことか。

そんなかっこいいシーンをカチャと今の若い雪組メンバーが踊ってくれるんですもの。もう嬉しくってしょうがありません。


これまでの名場面だけでなく、今回のために書き下ろされたスパニッシュ風の主題歌も素敵。
「パッション・ダムール」の繰り返しは覚えやすいし、ラストの「続くかぎ~り~」のところの半音づかいが吉崎先生らしくって大好き。
あの半音の流れ、音楽用語的にはなんていうのかなぁ~。コード進行とか全然わからないので説明ができないんだけれど、コール・ポーターの曲みたいにメランコリックでロマンチックなの。本当にうっとりドキドキしちゃう。


しかもカチャはもちろんのこと雪組の若いメンバー達もそれぞれに見事なのよ!
みんなとてもエレガントでそして熱くて、しっかりロマンチック・レビューを体現。

雪組はこのところ下級生まで活躍できるとても良いショーに恵まれていたから、本当に充実してる。
とはいえ、こういう古典的なレビュー作品は初めてと言っていいくらいですよね。
この若いメンバーをカチャがしっかり引っ張ってくれたんだろうなぁ。

宝塚って最高!って胸のときめきと身体のワクワクがとまりませんでした。