月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

キラキラがいっぱい「パッション・ダムール‐愛の夢‐」LIVE配信3

雪

ロマンチック・レビューの伝道師とも言えるカチャ(凪七瑠海)の背中を見つめながら共に舞台に立つことができた雪組の若いメンバーたち(もちろん千風カレン副組長もお若いので含みます)。
観客の反応がよりはっきりわかるバウホールだから、おそらく日々手応えを感じていたのではないかしら。

もしこの公演を複数回観ることが出来たなら、メンバーがぐいぐい成長していくのを目撃することが出来ただろうな~。
あぁ~観に行きたかった。
でも千秋楽のLive配信で乗りに乗った熱いパフォーマンスを見ることができて嬉しかったです。


今回はそれぞれの得意分野を披露できるような形になっていましたね。
歌上手さんには歌の見せ場を、ダンスの名手にはダンスの見せ場をという感じ。

るいくん(眞ノ宮るい)は最初から最後までダンスで大活躍でした。
生で見ることができたら、その身体のキレで空気が動くのをダイレクトに感じることができたのに。うぅぅ(涙目)。すべての瞬間を見逃さずに目に焼き付けたかったよ~。
とはいえ、カチャのすぐ隣で踊ってくれるものだからLIVE配信でもとてもよく見えました。

オープニングのスパニッシュは切れ味も素晴らしいし、ちょっとじれて焦げるような表情もすごくいい。

ガウチョの場面はおそらく私の宝塚観劇ブランクの時の作品。初めて見ました。
パワフルな男役群舞から娘役さんと組んでのダンスまであって躍動的。鞭を使った振付けにリフトまでありました。かっこいい!
いちかっち(一禾あお)の濃いめのソロ歌唱が胸熱!

るいくんはりさちゃん(星南のぞみ)と組んでいたかな?
ダンスの合間に上手奥の段の上でイチャイチャしてるっぽいのだがよく見えなかった~。うぇ~ん。何してたの~?

「BAD POWER」は見る前からもう絶対好きでしょ!って思っていたんだ~。
単純に見えてなかなか癖がある振付だから、これをかっこよく踊るにはかなりのスキルが必要だと思うのです。下手に踊れば野暮ったくなっちゃう。この野暮ったさとかっこよさの絶妙なバランスがすごく難しいよね。
でもこれぞザ・男役!
男役ならいつかは絶対かっこよく踊ってみたい憧れのダンス。
みんなそれぞれすごくエネルギッシュで見ごたえありました。
るいくんはあの時代のちょっと肩が前に被るような男臭いニュアンスをちゃんと出しながらもスッキリスタイリッシュな感じ。
盛り上がる4連続の時には勢い余って上手の袖に飛び込んじゃいそう。いやん、行かないで~~~~!

1幕終わりの「ALL BY MYSELF」
カチャの歌も素晴らしかったけれど、るいくん、ちさと(縣千)、いちかっち、しゃんたん(壮海はるま)が力強くコーラスをいれてくれて、すごく胸をうつ場面になっていました。
やっぱ白燕尾は良い!
るいくんはスタイルも姿勢もシュッとスリムなので膨張色で着こなしが難しい白燕尾もとても似合っています。

そしてるいくん最大の見せ場は2幕冒頭の「Paradiso」の男役同士のタンゴ。
ストライプの白いスーツがかっこいい。
どっしりと重いちさととの組み合わせもよい。
ちさとの腕の中でひらりと身を反転させる動きの美しさと切れ味よ!
表情もすごく緊迫感に満ちてピンと張り詰めた空気が素晴らしかった。見てて息をするのを忘れてた。
男役群舞は前髪ハラリの色気がダダ漏れで、もうどうしようかと思ったわ~。

軍服のところはアルト・ハイデルベルクの世界なのかな?昔シメさん(紫苑ゆう)が演じていたような…。カチャが一瞬シメさんに見えたわ。シメさんといえばオーバーニーの白ブーツだったっけ。カチャもものすごく似合っていた。まさに麗しの宝塚男役。
ブルーの軍服のるいくんも爽やかだわぁ。

そしてラストは黒燕尾で名曲「愛の歌」をボレロアレンジで。
娘役さんのスパニッシュドレスの裾のフリルが翻るのがかっこいい!
るいくんはオールバックに髪を撫で付け、ダンスも禁欲的な中にも情熱を込めていてこの曲における黒燕尾のニュアンスをよく掴んでいると思いました。
いやぁもう、一つの舞台でこんなにも色んな表情で踊るるいくんにひたすら感激!


カチャの八変化の合間にはいろんな人が幕前で一曲まるまる歌うのも楽しかったわ。
こんな経験なかなかできるもんじゃない。

しゃんたんはみちちゃん(愛陽みち)とデュエット。
声が甘くてバラードが素晴らしいのはMSで確認済みだけど、今回は軽快で愛らしいフォルクローレ
もちろんとても上手かったけど、男役としての粋なリズムがもっと歌にでるようになれば更にかっこよくなると思う。出来る人だと思うから見る方にも欲が出てきちゃった。期待してるよ~!
そして、みちちゃんの暗転間際のウィンクに瞬殺されました。

つばさちゃん(天月翼)、あきちゃん(叶ゆうり)、すずなちゃん(汐聖風美)と一緒に歌った「YOU and the NIGHT and the MUSIC」は大好きな曲。このままキャリオカに突入かと思っちゃった。次の曲はちさとの「ル・ポアゾン」のヘビの歌(題名がわからない)でした。
この流れにはちょっとびっくり。でも、キター!!って嬉しかったです。

この曲は、なんといってもかなめちゃん(涼風真世)の印象が強すぎるのでちさとの歌い出しはちょっと心配しました。が、ため息交じりの「Ah~」のところはかなり頑張っていて良かったです。雰囲気が出ていました。
2幕の「She」はダンスのあとに歌うということで、コントロールがかなり難しかったと思います。でも、スターさんならこれができるようにならなきゃね。
太めの良い声の持ち主なので今後のさらなる成長に期待。

あきちゃんの「SMILE」が温かみがあって素敵でした。
曲者のあきちゃんも好きだけど好青年のあきちゃんも良いわ~。本当にいろんな色が出せる人ですね。

ひめかちゃん(有栖妃華)ちゃんのソロが素晴らしかった。これじゅんちゃん(純名里沙)が歌った曲だよね。すごい難しい歌。あたりが浄められるような美しい声。
りなくるちゃん(莉奈くるみ)とのデュエットも可愛かったぁ。シャーベットカラーのチュールドレスが夢みたい。りなくるちゃんの声は深みがあって好き。

ともかちゃん(希良々うみ)は何でも上手いな~。
GIGOLO」の歌が大人っぽくってパンチがあってかっこよかった。めっちゃいい女!大好き!
それからどこだったかな?フワッとした衣装の時だったんだけどランベルセがとっても美しくって見惚れました。
好きなの~ランベルセ。背中をそらして片足を上げたまま裏返るような振付。
ともかちゃんの背中のラインもドレスの裾が後を追いかけるようにふわりとなびくのもすべて素晴らしかった。
踊れるし歌えるし、今後もいっぱい活躍してほしい!

りさちゃんのお姫様が最高に綺麗だったわ。
りさちゃんは大人っぽい美貌の人だけれど、表情がちょっと硬質なのでこういう清潔感あふれるおとぎの国のお姫様は本当にぴったり。ダンスも美しくて夢のようでした。

今回はみちるちゃん(彩みちる)が色っぽい系でりさちゃんがお姫様系でしたよね。
みちるちゃんは顔は愛らしいけれど情感があるから大人っぽい「GIGOLO」のダンスにさらなるドラマ性が生まれてとってもドキドキしました。そうそうこの場面のりさちゃんのボブヘアも最高にかっこよかったよ~。

あとどのシーンだったか忘れちゃったんだけれど、ちらっと映ったななちゃん(沙羅アンナ)のダンスもすごく素敵だった。思わずあれ誰?ってずっと目で追いかけちゃった。大人の女性らしい身体の持って行き方が好きな感じだったの。

ラスト前ののんちゃん(千風カレン)とつばさちゃんの「夢アモール」は大好きな曲。この歌詞って私たちが宝塚を想う気持ちを代弁してくれている気がする。副組長も恋する乙女でした。やっぱいいなぁロマンチック・レビュー。

フィナーレでは最下級生ののりぴー(紀城ゆりや)を確認できました。ニコニコしててとても可愛いし綺麗なお顔立ち。どんな子なのかな~。また楽しみが増えちゃった。

ほんとに雪組はものすごく充実している!
観ることが出来るかはわからないけれど次回作も本当に楽しみだ!