月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

グレーテスト・ショーマン「ピガール狂詩曲」LIVE配信

月

今日も今日とて配信にて鑑賞。
やっぱり舞台は生で見なくちゃなぁ。
芸達者な月組メンバーの芝居は楽しいし大勢口のミュージカルシーンやカンカンは大盛りあがりだし、その上一人二役やら二人一役?やらでとにかく大騒ぎな舞台。
テレビの前でちんまり座っているのがなんだか切ない。
なんで私あそこにいないんだろう。あぁ、いつになったら劇場にいけるのかしら。


兄妹二役演じたたまきち(珠城りょう)の実は女性なんだけれど男装してるっていう設定も意外に似合っていた。
この時代としてはぶっ飛んだところが小気味良い女流作家のさくさく(美園さくら)に一方的に惚れられるのも面白かった。

たぶんね。これを劇場で見てたら主役はちゃんとたまきちだったと思うの。
だけど家で一人テレビを見つめていると、高揚感が足りないのか、気持ちがこの二人に乗っていけない。

やっぱ宝塚見る時って男役が主役っていうのが頭の中に染み付いちゃっているのかなぁ?
私の心が共鳴したのは、グレーテスト・ショーマン?れいこ(月城かなと)なんだわ。

最初のうちは「あらまぁ。れいこったらまたコメディ担当?道化役なのね~。」って思っていたんだけれど、物語が進むにつれてムーラン・ルージュの復活にかけるこの興行主が芯であると思えてくる。まさに映画「グレーテスト・ショーマン」を見ているような気分。

れいこ上手いなぁ。力強くてなおかつ繊細。
芝居にも歌にもぐっときた。

もちろん今までだっていつもちゃんと上手かったけれど、これほどまでに求心力があるれいこを見るのはスカステで見た「星逢一夜」の新人公演以来かもしれない。すごく感動しちゃった。

テレビだと劇場で見たら気が付かなかったかもしれない心に染みる繊細な芝居を逃さず捉えることができるからなのかな。

一方でたまきちの華やかなおおらかさは大劇場での生観劇でこそ生きてくるものなのかもしれません。
次回作こそは劇場で!