月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

これが出会いの時なのかも?「新源氏物語」「ジャンピング」

月

なんか気が付かないうちに16日になっていた。もう半月終わってんじゃん!
正月はおせちがあるとはいえ1日三食用意しなくちゃいけなくて、どこにも出かけないのになんのかんの忙しかったし。
4日から仕事でたいして忙しくもないのになんだか疲れまくって、夕食の後片付けが終わったらこたつでうたた寝というかガチ寝の毎日。なのでスカステほとんど見られず。

それでも一応新年らしい演目をみたいなぁ~と思って、しょーちゃん(榛名由梨)の「新源氏物語」をCS鑑賞。
これは私が宝塚にハマる前の作品なので始めて見ました。

まず思ったこと。
みんな直衣を着てる!
みりおちゃん(明日海りお)の新源氏物語は狩衣が多くて、そこがちょっとあれれ?って思っちゃったんだよね。その話はこちら↓
でも「あさきゆめみし」の新人公演をみて直衣の着こなしが若手にとって大変な鬼門であることに気がつきました。
今のジェンヌさんはみんな小顔なのでブカブカしたシルエットの直衣は確かに似合わないかもしれない。花組再演がTPOに反してほぼ全編狩衣だったのは致し方なかったのかも~。

しょーちゃんはお顔も体格も存在感があるので直衣がとても良く似合っていました。
横顔がお美しい。
この時、柏木を演じたうたこさん(剣幸)がのちに光源氏を演じることになったのも感慨深いなぁ。

さて、私をヅカ沼に引きずり込んだ学生時代の友人はピンちゃん(みさとけい)のファンだったのです。今回初めてお姿を拝見。
背が高~い!
お顔立ちはちょっとみっちゃん(北翔海莉)っぽいかな。この時2番手だったのね。
持ち味が明るいので、明朗闊達な頭の中将がとっても似合っていました。
「紅はこべ」でショーブランを演じた人なんだよね~。見てみたいなぁ。この映像残ってないかなぁ。

娘役さんはみんな声が大人っぽくて素敵でした。
落ち着いた声の娘役さんが好きなのです。
かなみちゃん(彩乃かなみ)、まあやちゃん(真彩希帆)みたいに高音も出せるけれど中音域が豊かな人が好き。
でも最近少ないよね。
やっぱり体型が昔と比べて細いからなのかしら。


さて、この時の併演がショー「ジャンピング」
驚きました。
なんと当時3番手のまおさんが主演!
ジャンピングという題名通り、ピョンピョン飛んでるか走っているかのどっちかというめっちゃハードなショー。
これを踊ったあとに化粧替えして「新源氏物語」だなんて大変そう。
まおさん研究科何年だったんだろう? すごいな。主演としてもう出ずっぱり。

赤ちゃんに扮し将来スターになってコマーシャルに出るって歌う中に「宝石箱」ってセリフが出てきたんだよね。
で、思い出したんだけど、これ当時発売されていたアイスクリームの名前だわ!
懐かしいなぁ~。
バニラアイスの中にキラキラ光るカラフルな氷の粒が入っていたちょっとお高めのカップアイス。当時のアイスとしては珍しい黒いパッケージがおしゃれでした。
最初はピンクレディーがコマーシャルに出てたけれど、途中から大地真央に変わったのよ。
まだ宝塚を見たことはなかったのですが、そのコマーシャルのことはなぜか覚えています。
アイドルっぽいけれどアイドルとはちょっと違うかっこよさ。本当にキラキラしていて心惹かれました。あのアイスも大好きだったし。
もしかしたらあれが私と宝塚との出会いだったのかも。