月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

この陶酔のひととき「ル・ポワゾン 愛の媚薬 -Again-」

雪

大好きな大好きな思い出のレビューを劇場で観ることが出来るなんて本当に幸せでした。

序章・愛の媚薬

冒頭のアルルカンのにわさん(奏乃はると)の表情がむちゃくちゃ胡散臭くて思わず笑顔になってしまったわ。そんなキャラのにわさん大好きです。
そしてかなめちゃん(涼風真世)が歌った吟遊詩人はすわっち(諏訪さき)!
おぉぉ~~~。そう来たか!
納得の美声。いよいよ始まる~~~~~!

プロローグ

立ち姿も凛々しいさきちゃん(彩風咲奈)。 赤いキャップにパンっと広がったスカートきわちゃん(朝月希和)のバックハグ。!これぞル・ポワゾン!うわ~~~ん(思わず涙する)
ちゃんと振付で踊れるわけじゃないのにダンスに合わせて肩とかが思わずちょっと動いちゃった。だって昔「宝塚・花の指定席」を録画したビデオを何度見たことか。
次々現れるシックでアダルトな紳士淑女にうっとりしてたら最終的に羽根扇を手に手に持ってどひゃ~~~っと総踊りになだれこむところが笑っちゃうほどテンション上がる!

愛の歓び

たしか「ル・ポアゾン」ではトリスタンとイゾルデのロマンチックなダンスだったからこの月とパリスは「ナルシス・ノアール」からですね。
初演はシメさん(紫苑ゆう)と組替えで星組に来たばかりのあやかちゃん(白城あやか)の初顔合わせのシーンでしたっけ。
きれいな若い相手役を迎えデヘデヘとした表情で踊るシメさんにいささか衝撃をうけた記憶がちょっぴり蘇る。
アダルトなプロローグから一転若々しくって夢々しいさききわにほっこり。いろんな表現が出来る二人だわ。
そして忘れられないこのメロディ。
前半のラランランって弾むようなところも可愛いけれど、後半の伸びやかなメロディが大好きでずっとじゅんべさん(洲悠花)の真似して歌ってたなぁ。
もちろんあやちゃん(夢白あや)のソロに合わせて心の中で大熱唱しましたよ。
なんだか色々思い出してきちゃったぞ。
初演のパンフルートの少年はとしちゃん(雅景)だったわ。背は低かったけれどダンスが上手い。今のジェンヌさんで言ったらあられちゃん(愛海ひかる)につながる感じの美少年だった。もし娘役さんに転向したらさぞや綺麗になるだろうと思ったけれど最後まで男役を貫いたよね。
今回のパンフルートの少年はいちかっち(一禾あお)。ぴったりだ!
生き生きと表情豊かで躍動感に溢れてて、まさに絵本から抜け出たよう。

愛の誘惑

パラダイスの歌手もすわっちだ!
エデンの園のヘビの歌はねっとりと妖しい。すわっち新たな魅力を手に入れたんじゃないかな。
そして青いリンゴはさきちゃんの手に!
キタァァァ~~~~!
天国の喜多弘先生。ありがとうございます!この振付大好き。宝塚の財産です!
そしてふと気がついた。
あれ?るいくん(眞ノ宮るい)どこ?
ちなみにここはダンスを見たいからオペラグラス使ってないので2階席の奥からだと私の視力では顔はよくわからないのです。でもるいくんは動き方で絶対わかるはずなのになぜかそれらしきダンスの人が見当たらない。この場面出てるはずなのに。どこ~~~?
と、焦っていたら階段上にスポットライトを浴びてじゃ~んと後から登場の3人! ぁぁぁああああああ~~~!るいくんが~~~~~!
あまりの衝撃とドキドキで何がなんだかわからないまま転調でどんどん盛り上がる4連続に突入!とにかく最高だ~~~~!
そしてイブとのダンスは大人のさききわ。やっぱり相性抜群。清潔感のあるお色気。
今回の黒髪ボブはあんこさん(杏野このみ)。クレオパトラみたいでインパクト抜群。

若さスパークリング

るいくんをセンターに5人のパステルカラーのジャケットを着た若者たちが幕前で歌い踊る場面。
スパーク(閃光)じゃなくてスパークリングなのね。懐かしいクリームソーダを思い出すような爽やかさ。
このところk-popでキレキレに歌い踊る場面が多いのでこういうレトロな歌と踊りが新鮮です。
そんなちょっとゆったり目の曲であっても間奏の時にむちゃくちゃかっこいいリズムのとり方で踊るるいくんをもちろん見逃しませんでしたよ。

愛の葛藤

これも「ナルシス・ノアール」からだわ。
シメさんが踊ったマタドールの影があやなちゃん(綾凰華)ってところに感涙。
繊細な心理描写っていう感じのダンスシーンになるのがあやなちゃん効果かもしれない。
そしてマタドールの衣装のさきちゃん最強!
闘牛のダンスのるいくんの動きの力強さと切れ味かっこいい!
喪服のきわちゃんが歌うナルシス・ノアール。しっとりと美しい!
初演のしぎちゃん(毬藻えり)はゴシックな雰囲気でしたよね。表情も少し硬質で死の香り漂う退廃的なムードだった記憶があります。
きわちゃんはもう少し柔らかい感じ。愛する人を失った悲しみをたたえながらも凛と美しい貴婦人でした。きわちゃんの醸し出す情感が好きだ。

愛のロマンス

ロマンチックなクラシックで優雅に踊る紳士淑女。
白燕尾のさきちゃんって最強オブ最強だわ。
タンゴ調の力強い男役群舞のところではさきちゃんの両脇でるいくんとあみちゃん(彩海せら)踊ってる!
さきちゃん、きわちゃん、あやなちゃん、すわっちの優雅なダンスも美しい。
あぁ~夢みたいだ。

ジュテーム

この曲を聞くだけで感動して泣いちゃう今日このごろ。
ロマンチックレビュー第一弾が花組「ジュテーム」でした。吉崎憲治先生作曲の名曲です。
「ル・ポアゾン」でもフィナーレが始まる幕前で当時の若手が歌ってましたっけ。ノンちゃん(久世星佳)、ともちゃん(紫とも)、かよちゃん(麻乃佳世)がいたかな。
この場面の真ん中がるいくんなのにびっくり。そして嬉しかった~~~。
本当に夢みたいな場面。深いブルーの衣装も素敵。
るいくんはりさちゃん(星南のぞみ)とペアを組んでいました。お芝居でも恋人同士なので息もピッタリです。高貴な美しさのりさちゃんを見つめるるいくんの瞳が優しくて切なくてキュンキュンしました。
他のダンスシーンでも割とりさちゃんと組んでいることが多かったかな。あゆみさん(沙月愛奈)、あやちゃんともちらっと組んでいましたね。どの方も大人の情感がある美しいダンスでるいくんとのコンビネーションは見応えたっぷりでした。

フィナーレ

もうフィナーレなの?
ロケットは少人数だけれど上級生のななちゃん(沙羅アンナ)が入っていたりしてるの全ツだわ~。ななちゃんのダンスって大好き。迫力があってカッコいい。
そしてさききわデュエットダンスがアマポーラってところが泣ける。
映画の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」で使われていた曲なんだよね。去年の舞台では使われなかったけど。あぁあれから本当に色んな事があったな。
ようやくこの日を迎えられたんだなぁ。思わずさきちゃ~~~~ん!きわちゃ~~~~ん!トップ就任おめでとう~~~~。と心のなかで叫びました。
エトワールはありすちゃん(有栖妃華)。心が洗われるー。
再び羽根扇を持って全員集合のグランド・フィナーレ。興奮で絶対血圧上がってるわ。
「ル・ポワゾーン。ル・ポアゾン。愛の愛の媚薬~~~~~」心のなかで大熱唱。
ほら最近の主題歌ってリズムも展開も難しくって覚えられないじゃないですか?もっともこの曲は何度聞いたかわからないほど聞いているんだけれど。でも多分今日初めて聞いた人も絶対頭の中でこのメロディーがぐるぐる回ると思う。
あ~~~ル・ポアゾン最高!

終演後のご挨拶では慣例のご当地ジェンヌ紹介。
横浜市出身眞ノ宮るい!と紹介されて美しく羽根扇をくるりんぱさせるるいくん。めっちゃ嬉しそう!踊っている時はイケメンなのに素になると誰よりもおちゃめなのね。そういえばスカステのお正月特番とかキャトルの記念番組とか面白かったもんなぁ。7月からのスカイナビゲーターもすごく楽しみだ。

何もかも忘れて舞台に没入した3時間。本当に幸せなひとときでした。
CITY HUNTER」はきっと行けると信じてる!