月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

本日「ヴェネチアの紋章」「ル・ポアゾン」LIVE配信

雪

楽しかった。楽しかった!楽しかった!!!
去年から何度もLIVE配信を見てきましたが、こんなに心の底から楽しかったのは初めて。
配信だけの鑑賞だとやっぱり「なんで私あそこにいないんだろう」っていう寂しさがつのるのよ。でもたとえ1回きりでも舞台を見ていればその時の感動が蘇ってきてLIVE配信が100倍楽しい。
しかも配信だと物語を紡ぐ人たちの繊細な表情を余すところなく捉えているからどっぷりと物語に没入することが出来ました。

ヴェネチアの紋章」はメロディだけが初演と変わっているので劇場で見た時には脳がちょっとバグっちゃったところもあったのです。
でも今回は2度目なのでもうすっかり大丈夫。改めて聞くとどれも素敵な曲だわ。オープニングの神秘的な歌声はありすちゃん(有栖妃華)だったのね。
さきちゃん(彩風咲奈)のソロ曲は勇壮でありながらも悲壮感があって、悲劇へと向かっていくアルヴィーゼの姿に胸が震えました。
いやぁ~~。こんなにいい話だったとは。めちゃくちゃ感動したわ。

柴田作品の素晴らしいところはたくさんあるけれど、トップ娘役さん以外にも魅力的な造形の女性をたくさん用意してくれるところが大好き。
前回の観劇記録では書きそびれちゃったので今回はそのあたりの感想をば。

色っぽい商売のオリンピアあやちゃん(夢白あや)

演じたあやちゃんは大人っぽくて美しい人。
もっとも劇場で見た時はなにせ2階の奥深くの席でしたのでそのお顔はあまり見えないわけでして。だからちょっとした所作のせいなのかな?わりと若々しくて可愛いオリンピアだなって思ったんです。やっぱりコスチューム物の身のこなしなんかは学年的にまだまだ経験不足なのかも。
それに彼女のその正体は実は?っていうこと初演を見て知っているものだから、もう少し知性的な得体のしれなさが欲しいとも思いました。彼女の素の人の良さなのかしら?割と気のいい感じの女性です。
でもLIVE配信の時は芝居を重ねてきたからということもあり、またその細やかな表情までアップで見えるのでとても魅力的ないい女に成長していました。
裏の顔を持つ女の怖さみたいなものはあまり感じられなかったけれども、その分マルコに対する愛だけは本物だったのだと信じられる情の深い艷やかな女性。
あやちゃんはお顔はもちろん踊る姿も大人っぽいし、セリフも明瞭で情感豊か。本当にこれからが楽しみな娘役さんです。

ハーレムの歌姫レミーネともかちゃん(希良々うみ)

初演のレミーネは超絶歌姫のしいちゃん(峰丘奈知)だったのですが、ともかちゃんもそれに引けをとらない素晴らしい歌声。
アルヴィーゼへの報われない恋に寂しさをふと洩らしながらも凛と前を向くtheいい女です。
つらいけれど痛々しくはない。うん、そこがともかちゃんならではの個性ですごくいい!
それにしてもアルヴィーゼってレミーネといいリヴィアといい、芯の強い女性が好みなのね。

美しい母メリーナあゆみさん(沙月愛奈)

青い影として流麗なダンスを見せてくれるあゆみさんは中盤アルヴィーゼの母として登場。
艶やかな黒髪の美女でアルヴィーゼの母であることも納得です。美形母子だわ。
日陰の身であることをそこはかとなく感じさせる淋しげな表情がまたなんともいえず色っぽくて、そりゃぁまなはるパパ(真那春人)も惚れるでしょうとも。
アルヴィーゼは庶子ではあっても愛情深く育てられたことがよく分かるママとパパですよね。
もしもリヴィアが大貴族の娘でなかったらアルヴィーゼは貴族の紋章に囚われることなく自由な国際人としてスケールの大きい人生を送れたかもしれないのになぁ。そういうあったかもしれない未来が感じられるからこそ、この悲劇の物語がせつないです。

と、むちゃくちゃ芝居に感動した後にはさらに大好きな「ル・ポアゾン」が待っているのさ!!

ル・ポアゾン最高!

羽根扇のオープニングってなんであんなにテンション上がるんだろう。
モリモリ盛り上がった後にはすわっち(諏訪さき)の妖しい蛇の歌。からの〜キターーー!「Bad Power」!
観劇の折には後からジャーンと出てくるるいくん(眞ノ宮るい)に興奮して何がなんだかわからなくなりましたが、今回はじっくり堪能。
最高に盛り上がる4連続が始まった時、拍手が起こってましたね!お客さんもノリノリ。舞台の男役さんたちも最高潮に盛り上がって輝いてました!

イブとのダンスシーンのともかちゃんの歌はここでも最高!
単に歌が上手いだけじゃなくって男女の駆け引きの物語が感じられるところが素晴らしい。

そのあとのソング&ダンスもすっごく好きなんです。
すわっち再び登場で男女が踊るところね。
ここの振付がまた好きなんだよねー。喜多先生天才!
アダルトなダンサーが一列になってコントラクション(胸を前後に動かす振付)でリズムを取るところが特に好き!

古い話で恐縮ですが私が子供の頃日本には今のようにダンスが踊れる人など身の回りにはいませんでした。 でもテレビの歌番組では素晴らしいプロのダンサーがバックでスタイリッシュに踊られていたのです。たしか名倉加代子先生も若い頃にそういうお仕事をされていたはず。それからダンディーズっていう名前の通りダンディーな男性ダンスグループがいらしてすごくかっこいいなーって思ったこと覚えてます。
だから愛の媚薬のこのラストのコーナーってその頃の名倉加代子先生をはじめとした女性ダンサーやダンディーズのアダルトかつプロフェッショナルなシアターダンスが思い出され懐かしくもあるし今見ると逆に新鮮。
とにかくあゆみさんを筆頭に娘役は超絶ダンサーばかり。男役も全員ダンディーでめちゃくちゃカッコいいです。

そんなアダルトチームからフレッシュな若さスパークリングに続くのがまたいいんだよねー。
みんなキラキラ!

そして愛の葛藤では大好きなGipsy Kings の「Un Amor 」。
さきちゃんの歌が色気があるし艶やかな良い声でめちゃくちゃ感動しました。
死の翳り漂うシリアスな愛の葛藤の場面から一転して清らかで上品な白燕尾へ。
この陰陽・動静の展開が素晴らしい!
まさしく愛のロマンス!これぞロマンチックレビュー!

フィナーレナンバーは「ジュテーム」で幕開け。
大切な思い出の曲をるいくんが歌ってくれる幸せ。
劇場で見た時は感動でウルウルしちゃうしオペラでるいくんの優しく切ない表情を追いかけたいしで気持ちが忙しかったのですが配信では落ち着いて見ることが出来ました。
るいくんの甘い響きの歌声が良く響いていて嬉しい。
あみちゃん(彩海せら)は安定感抜群。
いちかっち(一禾あお)はまあやちゃんのスペシャルライブの時よりぐっと大人っぽくなった感じ。

そしてさきちゃんときわちゃん(朝月希和)のデュエットダンスの衣装は柔らかなグリーンなのね。
これからの雪組を象徴するような爽やかで優しい色合い。

あー本当に幸せ。
この感動が心にあれば再び劇場に行ける日まで元気に毎日を過ごせそうです!